社会人になってからの初めてのキャッシング

社会人になってからの初めてのキャッシング

キャッシングは、銀行、信販会社、消費者金融等の金融機関が個人に対して行う金融商品です。担保、保証人が無くてもお金を融資してくれるので、急な出費が必要になった時には非常に便利なのです。しかも、目的もフリーですので自由に使う事ができるのです。僕が始めてこのキャッシングを利用したときは、社会人1年目の4月の時でした。学生の時はアルバイトをしていましたし、そんなに派手な遊びをしなかったのです。

 

しかし、学生の時にためたお金を最後に使ってしまおうと、海外旅行をして使い切ってしまったのです。そして、4月になり社会人になりました。給与がもらえるからいいやと考えていたのです。しかし、給与は4月の末です。それまでの1ヵ月くらいの間、ほとんどお金が無い状態でした。全くお金がないことが親にばれるのが嫌でずっと隠しておりました。しかし、新しく知り合った友人と連日カラオケに行っていたのです。

 

社会人になってからの友人はとてもたのしく、会社は6時には終わるのでそれ以降は自由に遊べたのです。すぐにお金はなくなって困っていました。そんなときにキャッシングが出来たのが、あるショッピング系のクレジットカードについているキャッシングでした。そのカードを使って専用のATMで5万円を引き出しました。そしてそのお金で4月末までの間を乗り切ったのです。基本的にキャッシングの支払いは翌月に一括払いです。給与口座からすぐに引き落とされました。

 

でもそうすると5月分の生活が苦しくなってくるのです。そうして5月もお金をATMから引き出し、6月も引き出していました。借りては返済するという繰り返しをボーナス月の6月待つまで行いました。会社1年目のボーナスなんて本の少しですが、自転車操業状態の暮らしを改善するには十分でした。そうして、ATMで引き出しては返済するというサイクルから脱出しました。今は大丈夫ですが、カードはいざというときのために保管しております。